タドラは病院より通販

タドラで勃起不全を改善

男としての悩み勃起不全(ed)に悩んでいましたが、シアリスのジェネリック「タドラ」で解決しました。

 

わたしが、勃起不全に悩んでいたのは40代に入ってから。
でも、不思議なことに、勃起を維持したり、勃起不全になったり、状況によって異なっていました。

 

たとえば、一人によるオナニーは大丈夫。

 

私として、性欲はたっぷりとあるため、1週間のうちに3〜4回のペースでオナニーをしていますが、100%の確率で、勃起を維持し、射精まで辿り着くことができる。

 

まぁ、これは当たり前といえば当たり前なんですが、、、。
しかし、パートナーとの性行為になると勃起不全になってしまいます・・・。

 

とりあえず、性欲が高まり勃起はするのですが、ここから持続することができない。
勃起したとしても、すぐに”しょんぼり”したり、”中折れ”になったりと、男として恥ずかしい・・・。

 

なおかつ、パートナーに対しても失礼。
こんなことが続いてしまうと、より勃起不全が改善できない。

 

 

そこで、たまたまアダルトサイトを見ている時に見つけたのが「タドラ」。

 

いままでは、サプリなどを試していたんですが、全く効果が無い、、、
これって何?っというくらい効き目がなかったけど、やはり本物は違いますね◎

 

タドラの主要成分であるタダラフィル20mgは、アメリカのFDAや国内の厚生労働省が勃起不全治療薬として許可している。

 

服用して感じたのが、効果の持続性が長く、なおかつ副作用がほとんどない。

 

>>タドラの詳細・販売店について

 

 

 

勃起不全の原因

勃起不全に悩んでいる人にも、原因は色々。
私の場合は、「心因性」に部類され、体には問題はないのですが、精神的な部分が原因で勃起不全になってしまう。

 

たとえば、初めての性行為時で緊張をし勃起することができない、、、
このような緊張や過去の失敗によって生じる不安感で心因性が起こってしまうそうです。

 

それだけでなく、「夫婦間のトラブル、離婚、子どもの教育問題、職場の人間関係」など、重大なストレスが関係することで、心因性により勃起不全が起こりやすくなるとのこと。
心因性も一つでなく、さまざまな精神的なことが原因で発症してしまいます。

 

実は、勃起不全の約70〜80%の人は、この心因性が原因だそうです。

 

心因性による勃起不全は、失敗を繰り返したり、ストレスを感じることで、性行為時に不安が高まり、ドンドンと悪化してしまうことで、症状が強くなります。

 

そこで、タダラフィルが含まれているタドラを服用します。
【タドラの効果】通販で購入

 

タドラの効果

勃起しても、すぐにしょんぼりとなってしまう原因は、陰経内部の海線体の細胞「PDE-5(酵素)」が原因。

 

勃起する構造は、血液が流れ込み、海線体が膨張することで、ペニスが固く勃起を維持してくれる。
が、PDE-5が血液の放出を防いでしまいます。

 

ここで、タドラを服用することで、PDE-5の働きを弱めてくれます。
そうすると、いままでどおり、血液の流れが活発になるために、勃起を継続してくれます。

 

 

とりあえず現在、性行為時の時にタドラを服用していますが、大切にしているのが成功体験を積み重ねることですね。

 

まぁ、勃起不全の原因も人それぞれだと思いますが、私の場合は心因性が原因。
「また失敗するのではないか」この不安を取り除き、最終的にはタドラの薬を服用せずに、勃起を持続できたらと思います。

 

タドラを通販

タドラの購入についてですが、私は通販を利用してますね。

 

先発品であるシアリスを購入するなら、病院やクリニックで受診をすることになります。
シアリスやタドラは、服用する薬なので、効果だけでなく、副作用も起こる可能性があります。
そのため、使う前に病院などで検査を受けることも、体のことを考えると大切。

 

しかし、通院をするとなると、「時間、お金」が関係してきます。
とくに気になるのが処方される薬の価格。

 

まず、シアリスの場合は、厚生労働省に認められている勃起不全治療薬ですが、保険適用されていません。
そのため、病院やクリニックにより価格は異なりますが、相場で1錠あたり2500〜3500円で処方されています。

 

勃起不全や体のことを考えると病院で診てもらうことも大切ですが、薬代が高い、高すぎる・・・。

 

 

まぁ、私はこの価格のことを考えて、ジェネリックのタドラを使っています。
タドラの場合は、通販を利用し、販売店で注文をすることで購入することができます。

 

タドラだと、1錠あたり150〜500円で購入できる。

 

ただし、通販で購入するために、本人の使用に限ること、そして、自己責任となるためにに、使用方法や用量を守り服用することが大切になるかと思います。

 

>>タドラの詳細・販売店について