副作用のことを考えると病院?

病院は安心、だけど価格が高い?

インターネットが普及してよかったと思います。
たしかに、勃起不全を治すために、病院やクリニックに受診をし、治療薬「バイアグラ、レビトラ、シアリス」を処方してもらえれば、改善に近づくと思います。

 

でも、私が病院ではなく、インターネットの通販を利用するのは価格が安く、通院をしなくていいから。
トップ・ページでも、少し話したように、病院やクリニックだと1錠で2500〜3500円も掛かります。つまり、一回使うたびに、こんなにもお金がかかってしまう。

 

タドラの場合は約150〜500円で住むために、かなりお得。

 

しかし気をつけたいのが、副作用です。

 

インターネットで購入すると、自己責任になるために、症状の強い副作用が起こったとしても、自分の責任になってしまう。病院だと、アフターケアをしてくれるために、価格や効果の面だけでなく、副作用のことも考えておきたい。

 

タドラの副作用とは?

シアリスのジェネリックの中にもタドラの他に「メガリス、タダリス、フォーゼスト、タダシップ」などがあります。

 

主要成分はタダラフィルで、用量も20mgとほとんど同じなんですが、私はタドラを使っています。
何種類化のジェネリックを使ったことあるのですが、この中でもタドラは副作用が少ない。この部分が特徴だったために利用しています。

 

シアリスの副作用として、
「頭痛、ほてり、消化不慮、鼻づまり、下痢、めまい、発疹」など。
わたしは、鼻づまりを感じることが時々有りますが、他の副作用は無い。

 

ただし、服用する人によって、それぞれ異なるために、使い分けることが重要。